atelier plow online shop

2020/03/08 11:35

年が明けてあっという間に3月に入りました。

新しいスタッフが入ったりとお店は変わり続けていますが、アトリエでは年明けから静かに作業に集中しています。今、自分たちが出来ることは?と問い続けており、時代が変われど永く使えるジュエリーを提案していきたいと思っています。

あくまでジュエリーは身に着けるもの。着ける方の気持ちを前面に考えながら作らなければならない。自分の世界観だけを追求したいのなら別の手段で表現したほうがいい。ジュエリーは人が洋服を着る前から装身具(お守り)として身に着けていたもの。また中世の西洋では異性を引き付けたり、権力の象徴として扱われてきてきました。自分達は、前者の装身具としてのジュエリーでありたいと思う。

ともかく今はより成熟することを目指しています。これはクォリティだけのことではなく、チームとしての考え方やセンス、全てに言えること。


僕はお客様に指輪をお渡しする瞬間にいつも癒されます。(本当に。)手仕事の可能性を信じて、沢山の方々の笑顔に会えるよう心柔らかに続けていきたい。

伊林